• ホットペッパービューティー予約フォーム
  • LINE@
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • 問い合わせ

カラーを長持ちさせる方法とは? 美容院での注文にも気をつけよう

カラーを長持ちさせる方法とは? 美容院での注文にも気をつけよう

美容院でカラーをした後、「せっかくカラーしたのにすぐに色落ちした・・・」「施術後は良かったのに数日も経たないうちに色が変わった・・・」こんな経験ありませんか?

実は、カラーの色持ちが悪いのは、一概に美容師の腕やカラー剤のせいにはできない場合もあるのです。率直に申し上げますと、あなたのヘアケアの方法に問題があるのかもしれないのです。正しい方法でヘアケアをすれば、それまでとは比べ物にならないほどカラーが持つようになります。

そこで、少しでもカラーを長持ちさせるために、今からすぐに始められるヘアケアをご紹介します。カラーの持ちの悪さに悩んでいる人は是非参考にしてください。

カラーの持ちを良くするヘアケア5選

洗髪後はすぐに髪の毛を乾かす

濡れている髪は非常にダメージを受けやすくなっています。ダメージがひどい髪の毛はどうしてもカラーの持ちが悪くなりますので、日頃からいかに髪の毛にダメージを与えないかが大切です。髪を濡れたまま放置することはやめましょう。また、ドライヤーを使う時間をなるべく減らすために、タオルドライである程度の水分を取っておきましょう。吸水性の高いタオルですと、より速く髪の毛の水分を取ることができます。

アイロンやコテの温度に気をつける

アイロンやコテを使うとき、何度に設定していますか? 最近では200度以上に設定できるものも多く市場に出回っており、実際に短時間でカールをつけることができますので、高い温度を設定している人も多いでしょう。しかしながら170度を超える熱は髪の毛に大きなダメージを与えてしまいます。170度よりも低い温度の設定をおすすめします。また、3秒以上は連続で同じ部分にあてないように注意してください。

洗浄力の弱いシャンプーを使う

シャンプーには洗浄力の強いものと弱いものがあります。特別フケなどに悩んでいないのであれば、洗浄力があまり強くないものを選びましょう。洗浄力が強いものは頭皮の汚れをしっかりと落としてくれるのですが、カラー剤も一緒に落としてしまいますので、どうしても色持ちが悪くなってしまいます。また、カラーした髪専用のカラーシャンプーというものも販売されており、色落ちを防いでくれます。これは、1回で効果があるものではありませんので、継続することが大事です。

ヘアトリートメントをつける

カラーの持ちは、髪の毛の傷み具合で大きく変わるとお伝えしました。そこで少しでも髪の毛に栄養を与えるためにヘアトリートメントを毎日使うことをおすすめします。特に洗い流さないタイプのものが効果的です。しっかりとキューティクルをケアしてあげましょう。コテやドライヤーなど、髪に熱を与えるものを使う前に塗っておくことで、その後の乾燥を防ぐことができます。

紫外線から髪の毛を守る

皮膚と同じように髪の毛も紫外線の影響を受けます。乾燥、強度の低下、髪表面の粗雑化、色素や光沢の消失など、かなりのダメージを受けるのです。さらに海やプールで濡れたまま紫外線を浴びるとダメージは大きくなります。なるべく帽子をかぶるようにして対処しましょう。髪の毛専用の日焼け止めスプレーも売られていますので、そちらも活用することをおすすめします。

美容院でカラーをする際にできる工夫

暗めに染める

カラーは明るければ明るいほど色素が薄いですので、色が抜けやすくなります。少しでも長持ちさせたいと思っているのであれば、なるべく暗めの色を入れるようにしましょう。暗めの色にしておけば、髪が伸びてきた地毛の色とカラーリングした後の色の境目、いわゆるプリンのような見た目にもなりにくくなります。時間の経過とともに色落ちをしてきますので、理想の髪色にも近づくでしょう。

ブリーチをしない

理想の髪色にしたいときや、思いっきりトーンをあげたいときに用いることが多いブリーチ。想像通りの色に仕上げることができるのでよく使われる薬剤なのですが、髪へのダメージは相当なものです。施術後は綺麗な色に仕上がりますが、すぐに色が抜けてかなり明るい色になってしまいます。また厄介なのが、一度ブリーチをした髪の毛は、パーマやストパーが効きにくくなったり、カラーの定着が異常に悪くなったりします。どうしても明るく染めたい人は、「ブリーチをせず最大限明るくしてください」と美容師さんに注文するといいです。

まとめ【カラーを長持ちさせるにはコツがあった!】

カラーの持ちは日頃のヘアケアで大きく変わります。とにかく髪の毛にダメージを与えないことが一番大事ですので、日頃からトリートメントを使ったり、なるべくヘアアイロンなどを使わないようにしたり、できる対策はたくさんあります。どれも気軽に実践できるものですので、この機会に今までのヘアケアを見直してみてはいかがでしょうか。

北小金駅前すぐにある美容室「enri h air(エンリエアー)」。カラーメニューは、ハーブ配合で傷みやにおいが少ない優しいハーブカラー、天然の草木染めでダメージゼロのヘナカラー(白髪染め)、白髪もおしゃれ染めも自然な仕上がりのヘアマニュキュアを用意しておりますので、お好みのものをお選びください。カラー以外にも4種類のパーマやお得なヘッドスパなどのメニューもありますので、松戸市で美容院をお探しの方は是非一度お立ち寄りください。

 

ページ上部へ