• ホットペッパービューティー予約フォーム
  • LINE@
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • 問い合わせ

美容室でおまかせはすべきではない? 髪型をお願いするときの注意点

美容室でおまかせはすべきではない? 髪型をお願いするときの注意点

自分で髪型やカラーなどを決めるのが面倒でついつい美容室に行くと「おまかせでお願いします」と言う方が多いです。おまかせと言ったのにもかかわらず、美容室から出るとなんとなくイメージが違った、という場合も多々あります。

そこでこの記事では美容室でおまかせするときに知っておくべきポイントについてご紹介します。

美容室でおまかせをお願いする人は多い

美容室でおまかせをお願いする人は多いです。実際、自分の髪質や輪郭にどんな髪型が合うのか、自分自身のことが分からないことは多いものです。客観的に見て自分に似合う髪型をお願いするのは当然と言えば当然です。特にヘアスタイルにこだわりがない方であれば、その道のプロである美容師におまかせしても問題はありません。

でも実は、おまかせをお願いする人ほど、前の髪型が気に入らなかったり、漠然と好きなイメージがあったりします。その結果、おまかせをしましたのにヘアカットやカラーが終わった後に不満が出てくるのです。ヘアスタイルのプロだからとりあえずおまかせという方は多いですが、全面的におまかせと伝えて後悔しないか、改めて考えましょう。

美容室でおまかせは迷惑!?

おまかせは美容室にとって迷惑なのでしょうか。美容師としてもお客様から漠然とおまかせと言われても、その人がなんとなくイメージしているスタイリングは色々です。明るい雰囲気が好きなのか、それともシックなイメージが好きなのかによって美容師も提案するヘアスタイルは違ってきます。その人の雰囲気に合うヘアスタイルでも、お客様の普段のライフスタイルやその時の気分によってどう提案するか美容師も悩みます。

美容室で完全におまかせします、というのは後々イメージのすれ違いでトラブルにもつながってしまうこともあります。完全におまかせするのではなく、自分のなりたいヘアスタイルのイメージや好きなカラー、日々のお手入れの度合いや、生活スタイルの方向性などを事前のカウンセリングで伝えることが大切です。

おまかせは本当はおまかせではない

おまかせというのは、実は完全におまかせというわけではありません。カラーリングの方法やカットの方法など、専門的なテクニックに関してはもちろん美容師におまかせです。ショートカットにするのか、ロングのままカラーとパーマにするのか、お客様の意向を全く聞かずに始めることはできません。ショートとロングのパーマでは全く印象が違いますし、目差す方向性も変わってきます。

お客様は本当にショートでもロングでもいいのでしょうか。気分をさっぱり爽やかにしたいのであればショートですし、おしゃれでスタイリングも楽しみたいという気分であればロングでパーマを希望するのも良いでしょう。

このようにいくらおまかせといっても、完全におまかせというのはお客様の気分やライフスタイルがありますので、実は、純然たるおまかせというのはないのです。何かしら変化をしたくて髪を整えに美容室を訪れているはずですので、自分がどんな風になりたくて、どんな気分で美容室に来たのか、美容室の扉を開ける前に「帰るときにはこんな気持ちになっていたい」と自分自身について確認しておきましょう。

美容室でおまかせをする前に知っておくべきポイント

美容室でおまかせをする前に知っておくべきポイントを抑えておきましょう。

イメージを伝える

自分がどんなヘアスタイルにしたいのか、イメージをできる限り伝えましょう。クールでかっこいいイメージがいいならショートカットでカラーも落ち着いた雰囲気になりますし、フェミニンな感じでかわいいイメージであればミディアムでカラーもピンクにすると明るくなります。なりたいイメージでカットの量やデザイン、カラーの種類も全く異なってきます。事前カウンセリングではなるべくイメージを伝えておきましょう。その際にスマートフォンでヘアカタログを見せて、視覚的に伝えるのがおすすめです。ぜひなりたいイメージ写真を用意しておきましょう。

ライフスタイルを伝える

ヘアデザインは好みだけでなく、普段の生活にも直結します。かわいいヘアデザインでも、毎日セットに時間がかかると大変です。また仕事上髪の毛をまとめておかなければならない職場もあります。派手なカラーが受け入れられない場合もあります。美容室でカウンセリングをお願いするときはライフスタイルを伝えておきましょう。

自分の苦手なスタイルを伝える

好きなイメージだけでなく、苦手なスタイルも事前に伝えておきましょう。例えば普段の好きなファッションがクールなのでガーリーなヘアスタイルは普段のファッションには合わないといったことです。スタイリングでコテを巻くのが苦手という方であれば、コテを使わないようなスタイリングにしてほしいと言いましょう。苦手なスタイルも美容室のカウンセリングでは伝えておきましょう。

まとめ

美容室でおまかせするときは完全におまかせするのではなく、自分のある程度のイメージを伝えておきましょう。普段の生活についても伝えておくことで、毎日のスタイリングも楽になります。

「enri h air(エンリエアー)」ではお客様の要望に合わせたヘアスタイルをご提案しております。落ち着いた雰囲気の店内で、その時のお客様の状況や思いを大切に一人ひとりに寄り添って丁寧にカウンセリングいたします。ぜひお気軽にご相談ください。

ページ上部へ